函南町観光協会WEBサイト。見つけよう!!楽しめるかんなみ。静岡県田方郡函南町の情報が満載!

トップページ >  イベント情報

イベント情報

月光天文台 イベント情報

月光天文台

1.プラネタリウム 夏番組

2019年6月1日(土)〜2019年8月31日(日)
平日14時 土日祝日11時・14時

【彗星ハンター メシエさん】と夏の星空案内
彗星ハンターとして開花したシャルル・メシエ(Charles Messier )は、フランスの天文学者です。
星雲・星団・銀河に番号を振り、『メシエカタログ』を作りました。
番組では、謎めいた彗星の正体とメシエを惑わした諸天体にについてもご紹介いたします。
彼のまとめた美しいメシエ天体を巡りましょう。
今宵の星空案内もございます。
投影時間:50分(番組20分+生解説30分)

 

2.ジオワールド

第74回 特別展【水石・紋様石・姿石展】
日本の珍しい石を展示・公開
自然の石が風景や動植物などの形態を表現しています。

■日時:2019年3月15日(金)〜2019年6月30日(日)

☆次回特別展
第75回 特別展 【不思議な海の生き物化石展】

今まで見たことがない…へんてこな、まるでモンスターのような海の生き物たちの化石が勢ぞろいします!!

■日時:2019年7月13日(土)〜12月25日(水)

 

3.コスモワールド

企画展 【木星・土星展】
夏だ!土星だ!木星だ!美しい輪を持つ土星や太陽系で一番大きな惑星の木星について紹介。
夏に見ごろの木星や土星ってどんな星?土星の輪は何でできているの?
木星や土星を身近に感じて、夏の夜空をながめてください。

■日時: 2019年6月1日(土)〜2019年9月1日(日)

 

4.第23回宇宙と天文の講演会
「未来を掘る ‐『ちきゅう』の挑戦‐」

恒例の月光天文台主催『宇宙と天文の講演会』初の地球についての講演会。
地球の過去を知り、未来を予想する海底掘削。
科学掘削船『ちきゅう』の挑戦をやさしく紹介。ぜひご参加ください。

■日時 :2019年9月7日(土) 開場13:30 開演14:00 終演15:30
■場所 :韮山時代劇場 大ホール
■講師 :国立研究開発法人海洋研究開発機構・研究プラットフォーム運用開発部門部門長
     倉本 真一(くらもと しんいち)先生
■料金 :無料 要予約
■定員 :300名
■お問合せ先:月光天文台 講演会係 TEL 055-979-1428 FAX 055-978-7601
       http://www.gekkou.or.jp/events/lecturemeeting22.html 
       代表者の名前、郵便番号、住所、電話番号、参加人数をお伝え下さい。
※当日は講演会開催のため天文台・プラネタリウム館は休館となります。

 


【公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台】

■開館時間 :9時30分〜17時(最終入館:16時30分)
■料金   : 天文台本館   :高校生以上 600円 / 小・中学生 300円 / 小学生未満 無料
      : プラネタリウム :高校生以上 600円 / 4歳〜中学生 300円       
      (4歳未満のお子様の入館は要相談、座席をご使用になる場合は子ども料金が必要です)
      (しずおか子育て優待カードなどでの割引もございます)

■場所   :静岡県田方郡函南町桑原1308-222 (GoogleMAP

■Webサイト:月光天文台ホームページ
(プラネタリウムの投影時間など、詳しい情報は、Webサイトをご覧くださいませ)

※休館日は毎週月曜・毎月第4木曜日(祝日の場合は翌日)。夏季、冬季休暇期間等、変更有。

四季を歩く
春は桜
春の訪れとともに函南の野山の草木が芽ぶく、春まだ浅い三月。
野草を摘む人の姿を見かけます。
函南の野草の旬はやはり春の七草。
大仙山や日守山はお花見にも最適なスポットです。
春の歳時記
夏は祭り
若葉の季節をすぎると、原生林のそこかしこで
ヤマボウシの白い清楚な姿を見つける。
カシやブナ、そしてヒメシャラの黄緑色とのコントラストは自然の描く絶景。
街には陽光があふれます。
夏の歳時記
かんなみ猫おどりの詳細はこちら
秋は実り
富士山の頂にうっすらと白い雪が目につくころには、
秋の野草も出そろいます。
山々を彩る紅葉、実りの秋。
田方平野の一角、連綿と続いてきた収穫の季節が今年も訪れます。
秋の歳時記
冬は力
富士の嶺が真っ白となり、函南の街にも冬が訪れます。
函南から見る富士は、宝永山の巨大なくぼみと
愛鷹山を従える威容が美しい。
その絶景に見守られながらのスポーツもまた格別です。
冬の歳時記
このページのトップへ