函南町観光協会WEBサイト。見つけよう!!楽しめるかんなみ。静岡県田方郡函南町の情報が満載!

トップページ > イベント情報

イベント情報

月光天文台 イベント情報

月光天文台

1.プラネタリウム 春番組

2018年3月3日(土)〜2018年5月27日(日)
土日祝日11時

【エコとロジーのわくわく太陽系めぐり】と春の星空案内
太陽系の惑星は、みんなとっても個性的。『今日はどの惑星でなにして遊ぼうかな〜。
スペースデブリ集め?楽しそう!…って、ゴミ拾い?』

2018年3月3日(土)〜2018年5月27日(日)
平日14時、土日祝日14時

【OUT THERE 〜未知の世界〜】と春の星空案内
太陽系の外には、どんな世界が広がっているのでしょう?
生命がいる星があるかも知れません。未知の世界を探しに行きましょう!

 

2.ジオワールド(地学資料館)

企画展【世界の水晶展】
海外27カ国、国内1道1府14県 300点を展示

■日時: 2018年3月17日(土)〜2018年7月1日(日)

 

3.コスモワールド(天文展示室)

企画展【太陽とその観測】
地球にとって大切な星、太陽。太陽はどんな星?太陽について調べてみよう!
太陽の観測方法や、太陽望遠鏡についても紹介します。

■日時: 2018年2月10日(土)〜2018年4月15日(日)

 

4.第1回月光ラボ☆研究発表会
〜みんなで科学の扉を開こう!〜

4月16日〜4月22日は、科学技術について理解を深める「第59回科学技術週間」です。
この関連事業として、月光天文台では、科学系の活動に携わっている近隣の高校生らが、
日頃の研究成果を発表する「第1回月光ラボ☆研究発表会」を開催します。
一般公開いたしますので、皆様ぜひご来場ください!

■日時 : 2018年4月21日(土)、4月22日(日) 11:00〜16:00
■場所 : 月光天文台2階シアタールーム
■料金 : 天文台本館入館料
■お問合せ先: 月光天文台 TEL 055-979-1428 FAX 055-978-7601

 

5.第20回宇宙と天文の講演会 
「流星群とその由来天体から地球生命の起原に迫る」

恒例の「宇宙と天文の講演会」。
今年、5月も講演会を開催する運びとなりました。

■日時 : 2018年5月12日(土) 開場13:30 開演14:00 終演15:30
■場所 : 韮山時代劇場 大ホール
■講師 : 千葉工業大学惑星探査研究センター 荒井 朋子先生
■料金 : 無料 要予約
■定員 : 300名
■お問合せ先: 月光天文台 講演会係 
TEL 055-979-1428 FAX 055-978-7601 E-Mail: event@gekkou.or.jp
代表者の名前、郵便番号、住所、電話番号、参加人数をお伝え下さい。
※当日は講演会開催のため天文台・プラネタリウム館は休館となります。

 

6.プラネタリウムコンサート
癒やしの二胡と弾き語り

プラネタリウム投影をご覧いただきながら、演奏や星空のお話をお楽しみいただきます。
予定曲:星めぐりの歌、朧月夜、ハナミヅキ、上海セレナーデ、君をのせて、など
天文台受付にてチケット販売中。

■日時 : 2018年5月27日(日) 開場13:30 開演14:00
■場所 : 月光天文台プラネタリウム館
■演者 : 二胡/Toshi 弾き語り/たなかみどり
■料金 : 全自由席2,000円 チケット制 天文台受付、三島市やまがた楽器店にて販売
■定員 : 79名
■お問合せ先: プラネタリウムコンサート事務局 TEL/FAX 055-988-4140
E-Mail: hoshizoramusic527@gmail.com
チケットは販売所でご購入いただくか、事務局へ @お名前 Aご連絡先 B希望枚数をご連絡ください。
当日13:15より会場にてチケットご精算させていただきます。
※当日はコンサート開催のためプラネタリウム館は休館となります。
※天文台(ジオワールド・コスモワールド)は通常営業となります。


【公益財団法人 国際文化交友会 月光天文台】

■料金 :天文台本館:高校生以上 600円 / 小・中学生 300円 / 小学生未満 無料
      :プラネタリウム:高校生以上 600円 / 4歳〜中学生 300円                
      (プラネタリウム館に4歳未満のお子様はご入場いただけません)
      (しずおか子育て優待カードなどでの割引もございます)

■場所 :静岡県田方郡函南町桑原1308-222 (GoogleMAP

■Webサイト:月光天文台ホームページ
(プラネタリウムの投影時間など、詳しい情報は、Webサイトをご覧くださいませ)

※休館日は毎週月曜・第4木曜日(祝日の場合は翌日)。
※9月1日より開館時間が9時30分からとなっております。

四季を歩く
春は桜
春の訪れとともに函南の野山の草木が芽ぶく、春まだ浅い三月。
野草を摘む人の姿を見かけます。
函南の野草の旬はやはり春の七草。
大仙山や日守山はお花見にも最適なスポットです。
春の歳時記
夏は祭り
若葉の季節をすぎると、原生林のそこかしこで
ヤマボウシの白い清楚な姿を見つける。
カシやブナ、そしてヒメシャラの黄緑色とのコントラストは自然の描く絶景。
街には陽光があふれます。
夏の歳時記
かんなみ猫おどりの詳細はこちら
秋は実り
富士山の頂にうっすらと白い雪が目につくころには、
秋の野草も出そろいます。
山々を彩る紅葉、実りの秋。
田方平野の一角、連綿と続いてきた収穫の季節が今年も訪れます。
秋の歳時記
冬は力
富士の嶺が真っ白となり、函南の街にも冬が訪れます。
函南から見る富士は、宝永山の巨大なくぼみと
愛鷹山を従える威容が美しい。
その絶景に見守られながらのスポーツもまた格別です。
冬の歳時記
このページのトップへ